漢方

薬剤師てらじんの漢方とアロマテラピー

私の相方、薬剤師のてらじんが、漢方薬とアロマテラピーの併用の仕方とその利点についてオンラインにてお話します。

アロマテラピーで使う精油と漢方薬には共通するものがたくさん✨

共通点と異なる点を知って
生活の中に取り入れていきましょう。

より強力に作用してくれます✨

また、ワクチン接種による副反応についてとその対処法についても、お話しします。

実際に、より効果的な飲み方を実践するために、
漢方薬の葛根湯をお送りします。

参加ご希望の方は9月15日までに
私までコメントかDMでお知らせください📨

ご参加お待ちしています✨

—・—・—・—・—・—
てらじんは、西洋薬も漢方薬も使う薬剤師ですが、アロマテラピーはかおりを楽しむ程度という感じでした。

それが今年に入って、抜歯後の炎症にともなう激痛がエッセンシャルオイルによっておさまったところから、オイルのよさにあらためて気づくことに。
鎮痛剤も抗生物質も効かなかったのに、オイルすごい、おもしろいと言うようになりました。

ぜひお話、聞きにいらしてください。

お申し込みはこちらかお願いします。


ABOUT ME
知詠
近畿大学農学部食品栄養学科卒業。研究テーマは「カビ」。卒業後は、食品会社で研究職。乳製品もどきを分析したり開発したりで6年半。1995年の阪神淡路大震災をきっかけに身一つでできることをしようとマッサージをはじめる。2001年アメリカ、エサレン研究所にてトレーニングを受け、ボディワークをはじめる。同じ頃にはじめた気功で「自然が先生」という教えに出会い、ひとのからだとこころのふしぎについて考えつづけている。2017年、子宮体癌4b診断。標準治療をはじめるのと同時に食事を見直し、あたらしい細胞をつくっていくためには食が土台だと体感。あらためて、「生きているとはどういうことだろう」をテーマにかんがえうごく場「空-くう-」を主宰。