エッセンシャル・エモーションズ

カリーのお話 KALLIE ‘ S STORY

カリーの母親が書いた実話は、精神的治癒に関与するステップをとてもわかりやすく示してくれています。

エッセンシャルオイルを使うことで、身体的、感情的、精神的な癒しがどのように促されるかが美しくあらわされています。 ここで彼らの物語を語ることを許してくれたカリーと彼女の家族に心から感謝します。

 

私の娘カリーが2歳のときのことです。カリーは誤って肉を茹でていたスロークッカーを引っ張ってしまい、自分の顔と胴体にひどい火傷を負いました。 第二度(表皮と真皮に影響を与えるレベル。痛み、発赤、腫れ、水ぶくれを引き起こします)、第三度(真皮を通過し、より深い組織に影響を及ぼします。その結果、白くなったり黒くなったり、焦げた肌ができたり、しびれたりすることがあります)レベルの火傷が彼女の体の1/3を覆いました。

1ヶ月の間、重度のやけどに伴う激しい痛みを麻痺させる麻薬のような薬を使って治癒に挑みました。 彼女の顔、首、および肩に皮膚を移植するために2つの手術が必要でした。

カリーはなんとか家に戻ることができましたが、皮膚移植片が反らないようにするために、顔にはプラスチックのマスクとぴったりしたボディースーツを6ヶ月間着用しなければなりませんでした。

母として、自分の子供がそれほどの苦痛に苦しむのを見るのは恐ろしいことでした。本当に無力感を覚えました。 けれども、カリーは、理学療法を行ったり、焼けた皮膚をこすり落としたりするような耐え難い医療処置に適応しようと最善を尽くす非常に強い女の子でした。

小さなカリーにとって 痛みとトラウマが大きすぎる時には、彼女は精神的に私たちのもとからいなくなっていました。 彼女の虚ろな目からそれがわかりました。 これを初めて見たのは最初のやけどが起こった時でした。

熱い液体が彼女の貴重な肌に触れた直後の数秒、彼女はそこにいませんでした。 重い麻薬と耐え難い処置の組み合わせのため、彼女は入院した月のほとんどの間に身体的および感情的に麻痺していたか、ただただ意識を消失させていました。

家に帰ってから普通の生活に戻るのにもずいぶんとかかりました。 カリーはとても脆くて繊細でした。 私たち家族がこの出来事から回復するのを肉体面においても感情面においても支えるために私自身は最善を尽くしましたが、それはかなりの挑戦でした。

数ヶ月と数年が経ちました。私はカリーが痛みに対して鈍感になっていることに気付き始めました。 彼女はとても活発で冒険好きな女の子で、他の子供と同じようにかなりの数の転倒とけがをしましたが、彼女は自分が傷ついたことに気づきにくいようでした。

私はワクチンを受けるための定期検診で医者を訪ねたことを覚えています。 診察台に横たわるカリーに、2人の看護師は彼女の両足をそれぞれ2回突っつきました。 私はカリーの顔を見ましたが、身体的または感情的な反応はまったくありませんでした。 彼女はあまり感じていないように見えました。 彼女はしばしば厄介な切り傷や擦り傷を経験していたようですが、彼女を風呂にいれたり、服を着替えさせるまで、私はそのことに気づきませんでした。 私はどこで怪我をしたのかとカリーに何度も尋ねました。

彼女は、火傷が引き起こした身体的変化に対して自意識過剰になっていました。 学校に行き始める頃には、彼女は髪やコートで傷を隠すか、顔を壁に向けて傷を隠そうと人目を遠ざけていました。

私は彼女にそれについて話したり、彼女にとって不快なことをしたりすることは決してしませんでしたが、できるだけやさしく、私は彼女の考えや感情を共有する機会を持とうとしました。 カリーが5歳半ぐらいのときに、彼女は何が起こったかを忘れ始めました。

彼女は大きな何かがかなり前に起こったことはわかっていましたが、詳細を思い出すことができませんでした。 時々、「火傷」や、火あるいは風呂のような、彼女の記憶を刺激する引き金となる言葉がありました。

その目には恐怖と混乱をうかべながら、「ママ、私に何が起こったの?」と尋ね始めました。

この頃、エッセンシャルオイルを紹介されました。

母と私がオイルとその利点について学んだとき、私たちはカリーのことを思いました。

ヘリクリサムとベチバーは完璧にフィットするようでした。私たちはオイルを使いはじめました。 私は最初はとても興奮していました。とはいえ、身体的な治癒の可能性をとても感じてはいましたが、感情的なメリットをほとんど知りませんでした。

カリーは確信に満ちていました。 彼女はすぐに言いました。「私の傷跡はこれで消えちゃうわよ、ママ!」

私は 何がどうなるのか、わかりませんでした。

わずか数日オイルを使用した後、カリーはいままでとは異なる行動をとり始めました。私が最初に気づいたのは、彼女が理性的な説明を見つけることができない肉体的苦痛を訴え始めたことでした。

彼女は小さな切り傷や打撲傷をうけるたびに、それについて大きな不安を抱いていました。以前のような痛みに麻痺していた状態とは正反対です。彼女は小さな切傷や裂傷をみては何時間も泣き、涙を流して「この傷は消えるの?」と言いました。

カリーは一日の大部分を小さなことに不安を抱きながらすごしました。彼女にお風呂に入るよう説得することはできませんでした。彼女は自分の着る服についても非常にうるさくなりました。衣服が彼女の「間違った」ものに触れたり、からだをしめつけるような服は全く着なくなりました。やけどをしたことや「やけど」という言葉でさえ、極端な恐怖を引き起こしました。不安発作が表面化しました。

時々彼女は私の膝の上に座ったり降りたりして、ただただ泣きました。私も泣きます。私はついに、カリーがオイルによってもたらされたヒーリングクライシス(身体自信が持ってる「治癒力」「バランスを保とうとする力」が働いて起こるリアクション)を経験していることに気付きました。

全く理にかなっています。彼女がやっていた奇妙なことはすべて、火傷や病院での経験と直接相関していました。

エッセンシャルオイルの助けを借りて、彼女の体は、長い間埋もれていたすべての痛みと隠れた感情を吐き出したり、放出したりしていました。私たちは、彼女が病院に滞在したのと同じ時間、おそらく治癒が続くと推測しました。これは正しい予測でした。それは一ヶ月続きました。

私は彼女が感じていることを検証し、この間できる限り彼女を助けるために最善を尽くしました。オイルを塗れなかった日には、彼女も、そして家族みんなにとってもひどい一日になることを学びました!

とにかく、なにがなんでも、結果は驚異的でした。この困難な日々の後、以前はカリーから否定的な反応を引き起こした言葉が彼女を悩ませていないようにみえることに私は気付き始めました。彼女には全く新しい前向きな見方がありました。彼女がもはや恐れの場所から来ていないことは見ていて明らかでした。

彼女はもはや自意識過剰だったり、内気ではなく、安全で、強く、自信を持っている、全く異なるカリーになっていました。

彼女の母親として、私はこれらのエッセンシャルオイルが過去のトラウマ体験に関する美しくて新しい視野を彼女に与えたことを疑いなく見ることができます。

カリーの7歳の誕生日の朝、私はカリーに自分が生まれた時のことを尋ねました。彼女は言いました。「覚えてないわ。けれどもいつ火傷したのかは覚えてるよ」。

私は注意深く尋ねました。
「思い出したとき、どんなふうに感じる?」

彼女は、快活な、そして落ち着いた声で答えました。

「ママのために綴るとしたら:OK!」

私の小さなカリーが感情的に癒されたことにどれほど感謝しているかを言葉で表すことはできません。

 

The following true story , written by Kallie ‘ s mother , perfectly embodies the steps involved in emotional healing – from the time of trauma through the healing crisis and on to wholeness . It beautifully illustrates how the use of essential oils facilitates physical , emotional , and spiritual healing . We sincerely thank Kallie and her family for allowing their story to be told here . When my daughter Kallie was two years old , she accidentally pulled a slow cooker full of boiling meat down onto herself , severely burning her face and torso . Second – and third – degree bums covered a third of her body . For a month , Kallie recuperated in a special burn unit where she received heavy along with other medications to help numb the intense pain that accompanies such severe burns . Two surgeries were necessary to place skin grafts on her face , neck , and shoulders . When Kallie finally came home , she had to wear a plastic mask on her face and a tight – fitting body suit for six months to keep the skin grafts from warping . As her mother , it was horrifying to see my child suffer so much pain ; I felt helpless . But Kallie was a very strong girl who tried her best to adapt to the excruciating medical procedures , such as having the dead skin scrubbed from the burned area or working through physical therapy . During the many times when the pain and trauma were too much for little Kallie , she would mentally leave us . I could see it in her hollow eyes . The first time I saw this was when the initial burn happened . In those few seconds right after the hot liquid touched her precious skin , she wasn’ t there . Due to the combination of heavy narcotics and unbearable procedures , she was physically and emotionally numb or just plain absent during most of the month that she was hospitalized . After we got home , it took a while to get back to regular life . Kallie was just so fragile and delicate . I tried my absolute best to physically and emotionally help her and our family recover from this event , but it was quite a challenge .

The months and years went by, and I started to notice that Kallie was extremely numb to pain. She was a very active, adventurous girl and had quite a few falls and injuries just like any other child, but she rarely acknowledged that it hurt her. Sometimes it was disturbing. I remember one visit to the doctor for her regular vaccines. Kallie lay down on the table, and the two nurses poked both her legs two times each. I watched her face and there was absolutely no physical or emotional reaction whatsoever. She was unfeeling. She often got nasty gashes or scrapes, and I wouldn’t even know about them until later when I gave her a bath or changed her clothes. I would ask her where she got hurt and a lot of times she didn’t even remember. She was also very self-conscious of the physical changes the burn had caused. When Kallie began school, she tried to hide her scars by covering them with her hair or coat or by walking with her face pointed toward the wall and away from onlookers. I never pushed her to talk about it or do anything that was uncomfortable for her, but I gently tried to give her opportunities to share her thoughts and feelings. When Kallie was about five and a half, she started to forget what happened. She knew that something big occurred a long time ago, but she couldn’t remember the details. Sometimes there was a trigger that sparked her memory, like the word “burn,” or a fire, or even a bath. Then with fear and confusion in her eyes she would start asking, “What happened to me, Mom?” Around this time, I was introduced to essential oils. As my mother and I learned about the oils and their benefits, we thought of Kallie. Helichrysum and Vetiver seemed like the perfect fit, and we began treatment. I was so excited in the beginning, mostly thinking of the potential physical healing and largely unaware of the emotional benefits. Kallie was full of faith. She immediately said, “I know it’s going to make my burn melt away, Mom!” I had no idea what was coming.

After only a few days of using the oils, Kallie started to act differently. The first thing I noticed was that she started to complain of physical pain for which we could find no reasonable explanation. Every time she would get the smallest cut or bruise, she had major anxiety about it -very opposite from her recent tough, numb-to-pain reactions. She cried for hours about tiny cuts or sliver and would say through teas, “Is it ever going to go away?”  Kallie spent a large portion of the day worrying about the smallest things. It was almost impossible to convince her to take a bath. She became extremely picky about the clothes she wore. If clothing touched her “wrong” or was at all tight, she wouldn’t wear it. Any mention of her being burned or even the word “burn” caused extreme fear. Anxiety attacks surfaced. Sometimes she randomly sat on my lap and just cried. I would cry too. I finally realized Kallie was going through a healing crisis brought on by the oils. It made perfect sense. Every odd thing that she was doing directly correlated to the burn or to her experience in the hospital. With the help of essential oils, her body was expelling or ejecting all of the pain and hidden emotions that were buried for so long. We guessed that the healing would probably last for the same amount of time she had stayed in the hospital. This was exactly right. It lasted a month. I tried my best to validate what she was feeling and to help her as much as I could during this time. I learned that if I missed a day of putting on her oils, it was a bad day for her and the rest of the household! So, I kept up with it and the results were phenomenal. After this difficult month, I began to notice that words which had previously triggered a negative reaction from Kallie did not seem to bother her. She had a totally new and positive perspective. I could see plain as day that she was no longer coming from a place of fear. Instead of being self-conscious or shy, she was secure, strong, and confident-a totally different Kallie. As her mom, I can see without a doubt that these essential oils gave her such a beautiful new outlook on herself and her past traumatic experience. On the morning of Kallie’s seventh birthday, I was telling her about the day she was born, and she said, “I don’t remember that, Mom, but I do remember when I was burned.’I carefully asked, “What do you feel when you remember it?” She replied in her bubbly, secure voice, “Let me spell it for you mom: OK!” Words cannot express how very grateful I am that my little Kallie could heal emotionally.


ABOUT ME
知詠
近畿大学農学部食品栄養学科卒業。研究テーマは「カビ」。卒業後は、食品会社で研究職。乳製品もどきを分析したり開発したりで6年半。1995年の阪神淡路大震災をきっかけに身一つでできることをしようとマッサージをはじめる。2001年アメリカ、エサレン研究所にてトレーニングを受け、ボディワークをはじめる。同じ頃にはじめた気功で「自然が先生」という教えに出会い、ひとのからだとこころのふしぎについて考えつづけている。2017年、子宮体癌4b診断。標準治療をはじめるのと同時に食事を見直し、あたらしい細胞をつくっていくためには食が土台だと体感。あらためて、「生きているとはどういうことだろう」をテーマにかんがえうごく場「空-くう-」を主宰。