ブログ

 

花が ひらく というのは
花が 死ぬ ことでしょうか

いのちの終りが美しい—
一瞬 そう思うことがあります

花がひらくとき
花と向いあって坐ります

そして いのちを思います

工藤 直子

—・—・—・—・—・—*:・゜

 

近所に小さな公園があって、木蓮が植わっている。

家の庭にふきのとうが顔を出し
あっという間に花を咲かせる。

ふきのとうがぐんぐんとのびはじめたら、
木蓮が産毛のはえた皮をつきぬけて
花を咲かせはじめる。

木蓮のことを一年中見ている。
生きて死ぬとはこういうことなんだなと
木を見ていて思う。

 

春の営みは疼く
私の中の水が動かされる

色もまぼろし
はじまったと思ったら
すぐおわる

水が私をゆさぶる
春の世は、あわい


ABOUT ME
知詠
近畿大学農学部食品栄養学科卒業。研究テーマは「カビ」。卒業後は、食品会社で研究職。乳製品もどきを分析したり開発したりで6年半。1995年の阪神淡路大震災をきっかけに身一つでできることをしようとマッサージをはじめる。2001年アメリカ、エサレン研究所にてトレーニングを受け、ボディワークをはじめる。同じ頃にはじめた気功で「自然が先生」という教えに出会い、ひとのからだとこころのふしぎについて考えつづけている。2017年、子宮体癌4b診断。標準治療をはじめるのと同時に食事を見直し、あたらしい細胞をつくっていくためには食が土台だと体感。あらためて、「生きているとはどういうことだろう」をテーマにかんがえうごく場「空-くう-」を主宰。