ブログ

CS60

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

CS60という器具を使った施術を受けてきた。
2回目である。

去年、友人からCS60なるものの話をはじめて聞いた。
調べてみると、吉本ばななさん、
ばななさんのご主人、ロルファーである田畑さんのブログが出てきた。

 

CS60本部のサイト

体電流整流器「CS60」は、特殊な半導体回路を内蔵した健康施術器具です。
身体の生体電流を整え体内の老廃物を分解排出し、細胞を活性させます。

・・・とあるが、
ホンマかいなと思う。


さっそく、12月中に施術の予約を入れた。
ところが、主が交通事故にあったとかで年明けに予約が変更された。
(事故自体は大きなものではなかったらしい)

その間に、なんともおもしろいことに秩父の音楽イベントで
相方がCS60の施術を受けてきたという。

「えー、なんていう人から受けたの?」
「うーん、なんて言ってたかな・・・中野区に住んでいるらしい」
「え、それってもしかして本間さんて人?」
「あ、そうそう」

なんと、私が受けるよりも先に相方が受けてきていた。

これは、いよいよおもしろい。

 

で、はじめて本間さんのお宅に伺ったのは1月8日。
丸ノ内線中野新橋から歩いて15分ぐらい。
新宿からバスに乗れば、バス停から降りてほどなく。

本間さんの家は、実に素敵な空間だ。
ここに住めたらいいなぁと思うほどの明るさと広がりがある。
こんな居心地のよい部屋があるなんて
外観からはまるで想像もつかない昭和的アパート。
物件探しはおもしろいな。こんな掘り出し物があるのだもの。
私もまた部屋探しをしたいと思う。

本間さんに
「実は、相方が先日本間さんの施術を受けたと言ってました」
と言うと「?!」となって、そのあと目を丸くして驚いていた。

 

実際、本間さんと出会うまでの縁は実におもしろいもので
紐解かないと、誰と誰とがそもそも友達なんだっけ?
いやいや、もうみんな友達だったよねというぐらいに
複雑に絡み合っている。
家系図的な図説が欲しいほど。

 

CS60を受けた感想だが、とてもよかった。
でも、CS60がという感じではない。
本間さんの細やかさがよかった。
あと真摯に向き合ってくれている、その在り方。
こんなにかゆいところに手が届く施術、そうそうない。
(私にとってはですよ)

 

痛いとは聞いていたけれど、想像したような痛みは感じなかった。
もっと電気的な痛みを感じるのかと思っていたが
凝っている部分をそうされるとそりゃ痛かろうという
想定範囲内&これまでにも体験済の痛み。
他の人はまた違う痛みを感じているようだけれど
比べようもないのでわからない。

 

不満などまるでなく、とてもとても満足した。
ここまでくまなくふれてもらえることに。

途中、トイレに立つのにベッドから起き上がると
頭だけではなく、からだ全体がぐらんぐらんと回った。
今までにない感覚だった。
どちらかというと不快。
でも、今までにないから笑いたくなるほどおもしろい。

そして、1月29日に2度目の施術。

昨秋から肩から腕にかけて痛みがあるのだけれど
(これを五十肩というのだと鍼灸師の友人から教えてもらった)
この痛みがどう変化していくのか、経過観察している。

鍼灸師の友人に施術を受けたりして、刻々と変化しているが
痛み自体は消えていない。

本間さんからのCS60施術、今回はほとんど痛いところがなく
ひたすら気持ちがよかった。鼻から何度も息が漏れるぐらい。

「痛い方がいいっていう人もいるんですけれど、
僕は気持ちよさに照準をあてたいですねぇ」
と本間さんも言っていた。

だよね。
気持ちよさでほどける。

こんなに鼻から息が漏れ続ける施術は、何十年ぶり。

あれは、まだまだ街中の店で働いていた頃に
同じ店のスタッフの練習台になった時以来。
どんなベテランさんよりも
あの子の手が気持ちがよかったということを思い出す。
(繊細なわがままボディなので、そうそうなことでは満足できないからだだ…)

 

CS60は、その器具を持っていれば誰でも施術ができるので
(一応、講習はあるそうだが)
将来的に一家に一台あれば、多くの人が助かるだろうという目的で開発されたと聞く。
(身体的にも、精神的にも、収入的にも)

 

なんというか、もうこれからは「誰でもできる」ことばかりになっていくと思っている。
CS60以外にも、そのようなものに出会う機会が目に見えて増えてきた。
苦しいだけの修行時代など経ずともよいことばかり。
あらゆることが簡単になっていく。
AIだっているのだから。

だからこそ、「その人にしかできないことに気づく、
自分にできることに気づく、独自のセンス、発想、考えを持つこと」が
なによりも大切になってくると思う。
誰と一緒にいて、何をやっていきたいか、
より明確にしていくことが肝要なんだと思っている。

本間さんのCS60はとてもいいなと思ったけれど
正直、CS60自体のすごさは私にはわからなかった。
本間さんという人が私にはおもしろくて、
そういう人に出会えたことがなによりで、
これからもしばしば身を預けに行こうと思っている。
(そしたらCS60のすごさもわかるようになるかな)

 

もうすぐ本格営業するそうなので、そうなればまた詳細を知らせます。


タイミングが合えばランチも別途用意してくれる。
今回はシーフードココナッツカレー。絶品。
これまた何度も「美味しい!」を連呼するほど。

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket