赤毛のアンのお料理ノート

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

料理の本といえば、忘れられないのはこの本。

前回、「家なき少女」の話を書いたが
「赤毛のアン」も大好きな物語。

この本にのっているレシピは
こどもだけでつくるには少し難しかったのと
この本を眺めてワクワクする気持ちと
できあがったお菓子の味が等しくなくて
この本に載っているレシピでなにかを作るということは
それほど多くはなかった。

けれども、本を眺めているだけで
私の脳内にはアンもマリラも存在して
グリン・ゲイブルスはまぶしくひかり輝いていた。

物語が、私の世界だった。

自分の未来は
まっすぐにのびた道のように思えたのよ。
いつもさきまで、
ずっと見とおせる気がしたの。
ところがいま曲がり角にきたのよ、
曲がり角をまがったさきになにがあるのかは、
わからないの。
でも、きっといちばんよいものに
ちがいないと思うの。

ゆたかな時間をすごせていたのねと
あらためてこどもの自分に語りかける。

今だって、いける。
変わらぬグリン・ゲイブルズへ。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket