11月15日 空-くう- OPEN DAY

このページ以外に からだの話、こころの話 生きる話、死ぬ話 油や塩や、精油の話、 いろいろこちらで書いています。 それってなに? どういうこと? もう少しくわしく知りたいな ち...

10月10日 空-くう- OPEN DAY 無事開催できました。

10月10日に、第一回目のOPEN DAYを開催しました。 抜ける風も気持ちのよい、とてもよき時間をすごすことができました。 お越し下さったみなさま、どうもありがとうございます。 やってよかったとこころから思っ...

14 歳からの哲学「家族とは」

「14歳からの哲学」をつかった読書と対話の会。 どこを切っても同じである金太郎飴のごとく 普遍的なテーマ「生きているとはどういうことか」について 考え続けるAの章を三周読み込んで ようやく今月から社会的なテーマを扱うBへ...

火をみつめる

庭でたきび 火を見ていると、だれかといっしょでも 無言になって、ひとりきりになる 確かに他の人もいるのだけれど それぞれがひとりになって いっしょにいる もうすこし冷たい風が吹いたら ホット...

シガアル セイカツ

シガアル セイカツ。 この本の中で 詩や死がない生活は「しがない」と、 谷川俊太郎さんが書いていらっしゃいました。 詩がある生活。 死がある生活。 「詩がある」「死がある」に対して 「生...

汲む

汲む ―Y・Yに― 大人になるというのは すれっからしになることだと 思い込んでいた少女の頃 立居振舞の美しい 発音の正確な 素敵な女のひとと会いました そのひとは私の背のびを見すかしたように なにげない話に言いました ...

シガアル セイカツ

「生きるのも日常、死んでいくのも日常」 死は特別なものとして捉えられているが、 死というのは悪いことではない。 そういったことを伝えていくのも ひとつの役目なのかなと思いました。 希林さんがかつて語っていた言葉でし...

【九星気学】10月の予定

みなこさんの九星気学鑑定、 おかげさまでとても好評です。 みなこさんが伝えてくださることばの説得力、 腑に落ちる感じがとてもここちよいからではないかと思います。 鑑定は、生年月日からおこなわれますが あらか...

10月10日 空-くう- OPEN DAY

このページ以外に からだの話、こころの話 生きる話、死ぬ話 油や塩や、精油の話、 いろいろこちらで書いています。 それってなに? どういうこと? もう少しくわしく知り...

はじめてのアロマテラピー

先日、精油の話を書きました。 いつも小さな小瓶を こんなふうに持ち歩いています。 そして、気分を変えたいときや なにか困ったことがあったら 小瓶からかおりをとりだして、塗ったり嗅いだ...